XMTrading_デモ口座

XMのデモ口座はメールアドレス一つで複数開設可能となっており、3分ほどのお申込み時間でデモ取引を開始できます。

本投稿は、そんなXMTrading(XM)のデモ口座開設方法や、MT4/MT5のインストール・ログイン方法を、画像付きで詳しく解説した内容です。

初心者の方にもわかりやすく解説しているので、ぜひ最後まで見ていって下さい。

「デモ口座を作るのに解説は必要ない」という場合は、下のボタンから申請ページへアクセスして頂けます。

XMTradingデモ口座開設申請フォームは、下のボタンからアクセス可能です。

※別ウィンドウで開きます。

この記事を書いた人
林 宣誉(リン センヨ)
りん

Web制作チームで、取材と編集を担当しているリンと申します。今回の記事内容は、XMTradingデモ口座の詳しい開設方法です。PC/スマホどちらでも開設でき、取引までに必要な時間は最短3分程度です。XMTradingデモ口座の開設を希望している方は、ぜひ参考にしてください。

Twitter:@lin_akam520

XMTradingデモ口座の特徴

XMTrading_デモ口座_特徴

XMデモ口座の取引銘柄やスペックは、リアル口座とほぼ同じです。

ここではデモ口座特有の特徴に焦点を当て、簡単に紹介していきます。

下の閉じ込みに、項目別にデモ口座の特徴を記載しておきました。

興味のある項目があれば、クリックタップで開き確認してみて下さい。

▽クリックで開きます▽
▽タップで開きます▽
口座タイプ

口座タイプ

XMデモ口座で利用できる口座タイプは、「スタンダード口座」「ゼロ(ZERO)口座」のみです。

「マイクロ口座」はデモ口座で利用することはできません。

「スタンダード口座」と「ゼロ(ZERO)口座」の違いは以下の通りです。

* 追記参照:エントリー通貨の10通貨
比較項目 スタンダード口座 ゼロ(ZERO)口座
スプレッド(ドル円) 標準(平均:1.5pip) 狭小(平均:0.1pip)
1lotの通貨数 10万通貨 10万通貨
最小取引単位 1000通貨(0.01lot) 1000通貨(0.01lot)
手数料(1lot取引毎) なし 往復10通貨*
最大レバレッジ 888倍 500倍
約定方式 STP方式 ECN方式

追記:ゼロ口座の手数料

ゼロ口座の手数料は、エントリー通貨の10通貨となっています。

エントリー通貨とは、通貨ペア左側に表示されている通貨のことです。

例えば、米ドル/円なら米ドル、ユーロ/米ドルならユーロという具合です。

つまり、米ドル/円を1ロット取引した場合、手数料は10米ドルとなります。

レバレッジ

レバレッジ

XMのレバレッジはスタンダード口座では最大888倍」「ゼロ(ZERO)口座では最大500倍まで選択できます。

デモ口座の場合、あとから自分でレバレッジを変更する事ができません。

もし、口座開設後にレバレッジを変更したい場合は、

  • XMのサポートにレバレッジの変更依頼をする
  • 新たにデモ口座を作り直す

のいずれかの方法をとる必要があります。

基本通貨

基本通貨

デモ口座の基本通貨は、リアル口座と同様で「JPY」「USD」「EUR」の3種類から選択ができます。

基本通貨とは、MT4などの口座情報に使われる通貨の単位のことです。

残高をEURやUSDで表示されてもわかりにくいかと思いますので、こだわりが無ければ「JPY」(日本円)の選択をお勧めします。

口座資金

口座資金

デモ口座の資金は、
「10ドル(約1000円) ~ 500万ドル(約5億円)」までの金額を口座開設時に自由に設定できます。

「将来リアル口座に入金する予定の金額」を選択するのがお勧めです。

後から資金を追加したくなった場合は、サポートに連絡することで対応してくれます。

取引手数料

取引手数料

ゼロ口座の手数料システムはリアル口座と全く同じなので、デモ口座で使用感を確認する事が可能です。

XMゼロ口座で発生する手数料は、取引通貨ペアの左側の通貨で10通貨です。

例えば、取引銘柄が

  • USDJPYなら10USD
  • EURUSDなら10EUR

となります。

ゼロ口座の取引手数料を加味した場合のスプレッドや、CFD銘柄の手数料については、以下の解説記事を参考にして下さい。

EA・インジケーター

EA・インジケーター

デモ口座もリアル口座同様にEA・インジケーターが利用可能です。

デフォルトで搭載されているインジケーターの利用はもちろん、EAやインジケーターを追加する事も可能です。

また、メタエディターを使ってEAを作成する事も可能ですし、ヒストリカルデータを使用したバックテストも行えます。

XMTradingデモ口座の開設方法・手順

XMTrading_デモ口座_開設手順

XMTradingデモ口座の手順は、以下のステップとなります。

各ステップごとに詳しく解説してありますので、安心して読み進めてください。

  1. 1. XMデモ口座開設フォームを開く

  2. 2. デモ口座開設フォームに必要情報を入力

  3. 3. メールアドレスを認証してログイン情報を受け取る

まずは、XMTradingデモ口座開設申請フォームを開いてください。

XMTradingデモ口座開設申請フォームは、下のボタンからアクセス可能です。

※別ウィンドウで開きます。

1. XMデモ口座開設フォームを開く

XMの公式サイトから申請フォームへ移動する事も可能です。

ボタンが2つ並んでいるので、左側のデモ口座開設をクリック下側のデモ口座開設をタップします。

XM_デモ口座_pc1
XM_デモ口座_mb1

2. デモ口座開設フォームに必要情報を入力

XM_デモ口座_pc2
XM_デモ口座_mb2

XMTrading公式ページのデモ口座開設フォームを開くと、「デモ口座登録」という画面が表示されます。

ここでは、すべての項目を半角英数字で入力を行います。

個人情報の登録

ここでは、簡単な個人情報を入力していきます。

全ての項目が入力必須ですが、

デモ口座はメールアドレスさえしっかり入力できていれば、問題なくデモトレードが開始できます

メールアドレスにはログイン情報が届くため、間違いがないように注意して下さい。

XM_デモ口座_pc3
XM_デモ口座_mb3
登録項目 入力例
下のお名前 Taro
Yamada
居住国 Japan(リストから選択)
希望言語 日本語(リストから選択)
コード +81(国際電話の国番号)
電話 9012345678
(最初の0は入力しない)
Eメール abcd@gmail.com
コードの「+81」とは?

コードの「+81」は日本の国番号で、国際電話を利用する時に用いられる番号です。

日本の電話番号を登録する場合は「+81」を選択します。

また「+81」の後に続く電話番号は、最初の「0」が不要になります。

例:09012345678 = +81 9012345678

※電話番号を登録しますが、特に電話で話す必要がある訳ではありません。
XMのデモ口座で取引するだけなら、偽の電話番号を入力してもデモトレードが開始可能です。

取引口座詳細の入力

続いて、利用するデモ口座の詳細を指定していきます。

「取引プラットフォーム」、「口座タイプ」、「口座の基本通貨」、「レバレッジ」、「投資額」を入力して下さい。

詳細や注意点は、下記画像の下に掲載しています。

登録項目 入力例
取引プラットフォーム MT4」または
MT5」を選択
口座タイプ スタンダード口座」または
ゼロ(ZERO)口座」を選択
口座の基本通貨 EUR」「USD」「JPY
から基本通貨を1つ選択
レバレッジ 1:888(リストから選択)
投資額 5,000,000
(口座残高をリストから選択)
投資額とは?

XMデモ口座の投資額は、10ドル(約1000円) ~ 500万ドル(約5億円)まで選択することができます。

デモ口座は練習用口座なので設定金額は自由に設定します。

自分が将来XMリアル口座で入金する予定の金額を選択するのがお勧めです。

取引プラットフォームについて
MT4とMT5の違いや選び方

初心者や自動売買する人にはMT4
裁量取引をする人にはMT5がおすすめです。

具体的な違いやメリットは以下の通りです。

MT4のメリット
  • 愛好者が多く解説サイトも多い
  • トラブルへの対処法を調べやすい
  • インジケータとEAの種類が多い
  • 採用している海外FX業者が多い
MT5のメリット
  • 環境設定が細かく操作しやすい
  • 動作スピードが軽い
  • 選択できる時間足が多い
XMTrading口座タイプ比較

XMTradingデモ口座には2種類の口座タイプがあります。

  • スタンダード口座
  • ゼロ(ZERO)口座
スタンダード口座

最大レバレッジが888倍で、3種類のボーナスがもらえる標準口座になります。

1ポジションで発注できるのは、最小1,000通貨から最大500万通貨まで可能です。

口座タイプに迷ったらスタンダード口座がおすすめです。

ゼロ(ZERO)口座

狭いスプレッドが特徴で、約定方式にECNを採用した口座タイプです。

ボーナスが対象外で最大レバレッジも低めなので、他の口座タイプより多くの資金を必要とします。

以下、2つの口座の違いを簡単にまとめておきました。

* 追記参照:エントリー通貨の10通貨
比較項目 スタンダード口座 ゼロ(ZERO)口座
スプレッド(ドル円) 標準(平均:1.5pip) 狭小(平均:0.1pip)
1lotの通貨数 10万通貨 10万通貨
最小取引単位 1000通貨(0.01lot) 1000通貨(0.01lot)
手数料(1lot取引毎) なし 往復10通貨*
最大レバレッジ 888倍 500倍
約定方式 STP方式 ECN方式
追記:ゼロ口座の手数料

ゼロ口座の手数料は、エントリー通貨の10通貨となっています。

エントリー通貨とは、通貨ペア左側に表示されている通貨のことです。

例えば、米ドル/円なら米ドル、ユーロ/米ドルならユーロという具合です。

つまり、米ドル/円を1ロット取引した場合、手数料は10米ドルとなります。

各口座タイプの違いは、XMTrading公式|口座タイプ比較でも確認できます。

口座パスワードの入力

最後に、デモ口座のパスワードを自分で決めて、デモ口座の開設を完了させます。

  1. まず「口座パスワード」および「パスワードの確認」に、あなたが希望するパスワードを入力します。
  2. 次に、XM関連のニュース受け取りを希望する場合のみ、チェックボックスにチェックを入れます。
  3. ここまで全ての項目に入力できたら、デモ口座開設クリックタップして下さい。

パスワードのルールに関しては、下記画像の下に掲載しています。

パスワードの入力例
口座パスワード Aaaa0123
口座パスワードの確認 Aaaa0123
口座パスワードのルール

口座パスワードに使用する英数字は、

「小文字」、「大文字」、「数字」を1文字以上含め、文字数を8~15文字で設定してください。

例) A aaa 01238文字になります。

XM口座パスワード自動生成ツール

XMの口座パスワードルールに則ったランダムな文字列を、自動で生成するツールを作成しました。

以下の「パスワードを自動生成」をクリックタップすると、口座パスワードが生成されます。
生成された文字列をコピペし、口座パスワードとしてご利用下さい。

パスワードを自動生成

ここにパスワードが生成されます。

※セキュリティ上の理由から、当サイト側では生成したパスワードの履歴は確認できません。
XMでもパスワードの確認は行われないので、利用したパスワードはメモを取るなどして、ご自身で保管しておくようにお願いします。

デモ口座開設完了

デモ口座開設フォームへの入力に問題が無ければ、以下の画像のように「Eメールアドレスを確認してください」と表示されます。

XM_デモ口座_pc6
XM_デモ口座_mb6

3. メールアドレスを認証してログイン情報を受け取る

すると、XMTradingから登録したEメール宛てに確認メールが届きます。

確認メールには、口座登録を完了するためのボタンがあるので、必ずクリックタップして承認を行ってください。

※ 24時間以内に承認をしないと口座登録が無効になります。

XM_デモ口座pcmb7

メール内の「こちら」、またはEメールアドレスをご確認下さいクリックタップすると、

「XMTradingでのデモ口座開設、おめでとうございます。」と表示されます。

XM_デモ口座_pc8
XM_デモ口座_mb8
女性FXトレーダー

以上でXMTradingのデモ口座開設は完了です。

ログイン情報の受け取り

デモ口座登録の手続きが済むと、再度XMTradingからメールが届きます。

口座の詳細メールには、XM会員ページや、取引口座へログインするためのIDとサーバー情報が記載してあります。

このIDとパスワードは、MT4やMT5にログインする際に必要となる重要情報です。

受け取ったログイン情報のメールを保護しておくか、IDやサーバー情報のメモを残しておきましょう。

XM_デモ口座_pcmb9

MT4/MT5のダウンロード・インストール

XMTrading_MT4・5_インストール

デモ口座の開設が完了したら、次は取引プラットフォーム(MT4かMT5)をインストールしましょう。

すでにXMのMT4やMT5をインストール済みの方は、「XMデモ口座でMT4/MT5にログインする方法」にスキップして下さい。

女性FXトレーダー

ここからは、MT4/MT5をダウンロード・インストールする方法を解説していきます。

XMのMT4/MT5は、XMTrading公式サイトからダウンロードできます。

XMTrading公式サイトは、下のボタンからアクセス可能です。

※別ウィンドウで開きます。

MT4/MT5のダウンロードとインストール

ここからはPC版MT4/5のダウンロード・インストール方法を解説していきます。
スマホ版を利用する方は、上記のタブから「スマホ版」を選択して下さい。

公式サイトからMT4/5をダウンロード

XMTrading公式ページ上部にあるプラットフォームをクリックして、取引プラットフォーム一覧を開きます。

XM_デモ口座MT45_インストールpc1

取引プラットフォーム一覧の中からダウンロードしたいものをクリックして個別ページに入って下さい。

デモ口座開設の際に選択したプラットフォーム(MT4かMT5か)を選択しないと、ログイン出来ないので注意しましょう。

XM_デモ口座MT45_インストールpc2

まず、左側にあるメニューをタップして、プラットフォームをタップします。

XM_デモ口座MT45_インストールmb1
XM_デモ口座MT45_インストールmb1.1

すると「取引プラットフォーム」という画面が開きます。

少し下にスクロールしていくと、XMでダウンロードできるMT4の一覧が、
さらに下に行くとMT5の一覧が並んでいます。

XM_デモ口座MT45_インストールmb5
XM_デモ口座MT45_インストールmb6

この中から、自分の利用するスマホ端末に対応したMT4かMT5をタップします。

デモ口座開設の際に選択したプラットフォーム(MT4かMT5か)を選択しないと、ログイン出来ないので注意しましょう。

ここからもアクセス可能です↓
MT4 取引プラットフォームの詳細
Win対応MT4 MT4のWindows用ソフト
Mac対応MT4 MT4のMac用ソフト
MT4 WebTrader ウェブブラウザ上で動作するMT4
iPhone対応MT4 MT4のiPhone用スマホアプリ
iPad対応MT4 MT4のiPad用アプリ
Android対応MT4 MT4のandroid用スマホアプリ
Androidタブレット対応MT4 MT4のandroidタブレット用アプリ
MT5 取引プラットフォームの詳細
Win対応MT5 MT5のWindows用ソフト
Mac対応MT5 MT5のMac用ソフト
MT5 WebTrader ウェブブラウザ上で動作するMT5
iPhone対応MT5 MT5のiPhone用スマホアプリ
iPad対応MT5 MT5のiPad用アプリ
Android対応MT5 MT5のandroid用スマホアプリ
Androidタブレット対応MT5 MT5のandroidタブレット用アプリ

個別ページに進むとダウンロードボタンがあるので、そちらをクリックします。

XM_デモ口座MT45_インストールpc3

MT4/5をインストール

Windowsの場合、ダウンロードボタンをクリックすると、「xmtrading4setup.exe」のファイルが保存されます。

MT5をダウンロードした場合は「xmtrading5setup.exe」ファイルが保存されます。

XM_デモ口座MT45_インストールpc6

ダウンロードしたインストールファイルを開くと、

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので、

「はい」をクリックして下さい。

XM_デモ口座MT45_インストールpc7

同意書が表示されるので、内容を確認して次へ (N) >をクリックして下さい。

XM_デモ口座MT45_インストールpc8

するとインストールが開始されます。

以下のような画面が表示され、通常数分でインストールが完了します。

XM_デモ口座MT45_インストールpc9.0
XM_デモ口座MT45_インストールpc9

「おめでとうございます」と表示されたら、完了をクリックしてインストールは完了です。

上記の一覧から利用するプラットフォームをタップすると、そのプラットフォームの個別ページに進みます。

iPhoneの場合は「App Store」をタップ、androidの場合は「Google Play」をタップして、各スマホアプリストアに進んで下さい。

XM_デモ口座MT45_インストールmb9
XM_デモ口座MT45_インストールmb8

あとは、通常のアプリと同じ手順でMT4/5をインストールするだけです。

XMデモ口座でMT4/MT5にログインする方法

XMTrading_MT4・5_ログイン

ここからは、インストールしたMT4/5にログインする方法を解説していきます。

ここではMT4を使って解説をしていますが、MT5もほとんど同じ操作でログインする事ができます。

女性FXトレーダー

MT4/5にログインできれば、いよいよデモ取引が開始できます。

右下のデバイスボタンで、スマホ版/PC版が切替可能です。

PC版MT4/MT5にログインする方法

ここからはPC版MT4/5のログイン方法を解説していきます。
スマホ版を利用する方は、上記のタブから「スマホ版」を選択して下さい。

1. MT4/5を起動する

まずは、インストールしたXMTrading MT4を起動して下さい。

XM_デモ口座MT45ログイン_pc0

2. ログイン情報を入力する

画面左側にあるファイル (F)をクリックして、取引口座にログイン (L)をクリックします。

XM_デモ口座MT45ログイン_pc3

ログイン情報の入力画面が表示されるので、

「ログインID」「パスワード」「サーバー」を入力します。

IDとサーバーは、デモ口座の開設が完了した際に届いたメールから確認できます。
パスワードは、口座開設フォーム入力時に自分で設定したパスワードを入力します。

上記3点を入力したら、チェックボックスにチェックを入れ、ログインをクリックして下さい。

XM_デモ口座MT45ログイン_pc4

3. ログインの成否を確認する

ログインが成功しているかどうかは、MT4/5画面の右下に表示されている接続状況で確認ができます。

以下の画像のように、データ送受信量の数値が表示されていればログイン成功です。

XM_デモ口座MT45ログイン_pc5

ログイン失敗NG例

接続状況に「回線不通」や「無効な口座」などの警告メッセージが表示されている場合は、ログインに失敗しています。

XM_デモ口座MT45ログイン_pc6

XM_デモ口座MT45ログイン_pc7

ログインできない場合によくある原因は「ログインIDやパスワードの入力ミス」です。

再度ログイン画面を呼び出して、ログイン情報を入力してみて下さい。

スマホ版MT4/MT5にログインする方法

ここからはスマホ版MT4/5のログイン方法を解説していきます。
PC版を利用する方は、上記のタブから「PC版」を選択して下さい。

1. MT4/5を起動する

スマホでダウンロードしたMT4/5アプリを起動します。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb1

2. ログイン画面を開く

右下にある「設定」をタップします。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb2

上から1番目の「新規口座」をタップします。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb3

「既存のアカウントにログイン」をタップします。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb4

3. ログイン情報を入力する

画面上の「会社名またはサーバ名を入力」というところに、「xmt」を入力して検索します。

もしくは、XMから届いメールに書かれているサーバー番号をそのままコピペしても大丈夫です。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb5

検索すると該当するサーバーが表示されるので、自分の番号を探してタップしてください。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb6

サーバー番号を選択すると「ログイン」という画面に出ます。

ログインIDとパスワードを入力して「サインイン」をタップします。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb7

4. ログインの成否を確認する

ログインに成功すると、画面下のように「気配値」が表示されます。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb8

ログインに失敗している場合は、「不正な口座」というメッセージが表示されます。

ログインIDやパスワード入力ミスの可能性もあるので、再度ログイン情報を入力してみて下さい。

XM_デモ口座MT45ログイン_mb9

XMデモ口座にログインできない場合の原因と対処法

XMTrading_ログインできない対処法

MT4やMT5にログインできない場合は、以下6つの原因が考えられます。

  • ログイン情報を間違えている
  • 自分の口座のサーバーが無い
  • デモ口座の期限が切れている
  • MT4/MT5の選択を間違えている
  • MT4/MT5のバージョンが古い
  • インターネット回線の接続に問題が発生している

ログイン情報を間違えている

MT4/5にログインできない原因でよくあるのは、「IDやサーバー番号、口座パスワードが間違っている」というものです。

IDとサーバー情報に関しては、デモ口座の開設完了時に、XMから届くメールに記載してあります。

XM_デモ口座_pcmb9

パスワードはデモ口座開設フォームに自分で決めて入力した英数字です。
「パスワードを忘れてしまった」という場合は、XMのサポートデスクに連絡することで、新しいパスワードを発行してもらう事が可能です。

自分の口座のサーバーが無い

「そもそも自分のサーバー番号がリストに表示されず、選択できない」という場合もあります。

MT4に自分のサーバーが表示されない場合は、「デモ口座の申請」という画面から、サーバーのスキャンを行う必要があります。

以下に、サーバースキャンの方法を掲載します。

▽クリックで開きます▽
▽タップで開きます▽
サーバースキャンのやり方

まず、MT4画面左上になるファイル (F)をクリックし、デモ口座の申請 (A)をクリックします。

XM_デモ口座サーバー追加_pc1

すると現在選択できるサーバーの一覧が表示されます。

サーバー一覧の一番下まで行くと、「新しいブローカを追加します」という項目があります。
そこに自分のサーバー方法を、コピペなどで入力して下さい。

サーバーの入力ができたら、スキャンをクリックします。

XM_デモ口座MT45ログイン_pc2

入力したサーバー情報に間違いが無ければ、サーバーリストに入力したサーバー番号が追加されます。

サーバーが追加されたら、再度ログイン情報の入力画面を呼びだし、再度ログインを行ってみて下さい。

今度は自分のサーバー番号が選択できるようになってるはずです。

デモ口座の期限が切れている

XMのデモ口座に有効期限はありませんが、90日間取引がない場合は、デモ口座も自動的に閉鎖されます。

一度閉鎖されたデモ口座は、復活させることができません。

「しばらく使わないけど、デモ口座を閉鎖させたくない」という場合は、そのデモ口座で定期的に取引しておく必要があります。

閉鎖後にまだデモ口座を利用したい場合は、前述のデモ口座開設手順を参考に、もう一度デモ口座を追加で開設して下さい。

MT4/MT5の選択を間違えている

例えば、「デモ口座開設時、取引プラットフォームでMT4を選択した」という場合、その口座ではMT5にはログインできません。

もし自分が選択したプラットフォームを忘れてしまった場合は、

デモ口座開設完了時に届いた「XMへようこそ」という件名のメールから確認が可能です。

メールからMT4/MT5の確認方法
MT4の場合

XM_デモ口座メール確認pc2

MT5の場合

XM_デモ口座メール確認pc1

MT4/MT5のバージョンが古い

古いバージョンのMT4/5を利用していると、ログインできないケースがあります。

その場合は、古いバージョンのMT4/MT5を一度アンインストールしましょう。

その後、XM公式サイトから最新のMT4/MT5をダウンロード/インストールすれば解決できます。

MT4/MT5のインストール方法は、前述のMT4/MT5のダウンロード・インストールを参考にして下さい。

▽クリックで開きます▽
▽タップで開きます▽
バージョン情報の確認方法は?

MT4/MT5を起動して、画面上部にあるメニューバーから、ヘルプ (H)バージョン情報… (A)という順番にクリックすると、現在使用しているMT4/MT5のバージョンが確認できます。

XM_デモ口座バージョン情報確認_pc1

XM_デモ口座バージョン情報確認_pc2

バージョン情報で重要なのは「build ○○○○」の部分です。
当記事の執筆段階では、MT4の最新buildは「132312」、MT5の最新buildは「281526」となっています。

インターネット回線の接続に問題が発生している

MT4/MT5右下、接続状況を表示するところに「回線不通!」と表示されている場合は、XMサーバーとの接続が失敗している可能性が高いです。

サーバーとの接続ができない場合は、まずWi-Fiなど、自分のネット回線に問題が発生していないかを確認して下さい。

自分の回線が問題なく動作している場合は、XM側に原因がある可能性があります。

サーバーメンテナンスにより、一時的にサーバーとの接続ができないケースもありますが、この場合は通常10分程度で完了するので、少し待ってから再度ログインしてみましょう。

いくら待ってもログインできない場合は、想定外のケースによりXMのサーバーが停止している可能性があるので、XMのサポートデスクに確認を取ってみて下さい。

XMTradingデモ口座よくある質問

XMTrading_デモ口座_QA

ここからは、XMデモ口座に関するよくある質問を紹介していきます。

以下のリンクから、読みたい内容へジャンプできます。

XMデモ口座で注文できない

XMデモ口座で注文できない場合の原因は、主に以下5つがあります。

  • ログインができていない
  • 注文種別が正しく入力できていない
  • 取引時間外
  • 注文数量が正しくない
  • ゼロ口座なのにスタンダード口座向けの銘柄を選択している

ログインができていない

MT4/MT5へのログインに失敗していると注文できません。

前述のXMデモ口座でMT4/MT5にログインする方法を参考に、MT4/5へ正しくログインしてみましょう。

「正しいログイン方法を試しても、ログインに失敗する」という方は、前述のXMデモ口座にログインできない場合の原因と対処法を参考に、原因の確認を行ってください。

注文種別が正しく入力できていない

指値注文を行う際、入力内容に間違いがあると注文が無効になります。

XM_デモ口座よくある質問

たとえば、「買い指値(Buy Limit)で、指定した価格が現在値よりも高い位置に設定されている」という場合は、その注文は通りません。

注文の設定を見直して、もう一度発注を行ってみて下さい。

※エラーが出るその他の例
  • 売り指値(Sell Limit)が現在値よりも低い位置に設定されている
  • 買い逆指値(Buy Stop)が現在値よりも低い位置に設定されている
  • 売り逆指値(Sell Stop)が現在値よりも高い位置に設定されている

また、指値に入れた価格が、現在の価格と近すぎる場合も注文できないので注意して下さい。

取引時間外

取引時間外では、ポジションのオープンやクローズといった、いかなる注文も行えません。

XMのFX取引時間は以下の通りです。

  • 冬時間(通常時間):月曜日7時05分~土曜日6時50分
  • 夏時間(サマータイム):月曜日6時05分~土曜日5時50分

サマータイムの時期は、3月最終日曜日午前1時~10月最終日曜日午前2時までです。

また、CFD銘柄では、銘柄によって取引時間が異なっているため注意が必要です。

XMTrading全銘柄の取引時間を日本時間にしたものは、以下の記事に掲載しています。

注文数量が正しくない

CFD取引の場合、注文できるロット数の下限が通貨ペアとは異なります。

通貨ペアでは0.01ロットから注文ができますが、

株式指数など一部のCFD銘柄では、1ロットからでないと注文ができません。

ゼロ(ZERO)口座なのにスタンダード口座向けの銘柄を選択している

ゼロ(ZERO)口座で取引する際に注意が必要となるのは、「通貨ペアとゴールド・シルバーでは、ゼロ(ZERO)口座専用の銘柄を選択する必要がある」ということです。

スタンダード口座はそのままの銘柄名なのですが、

ゼロ(ZERO)口座は末尾に「 . 」が付く銘柄名のみ注文が可能です。

例えば「USDJPY」(ドル円)の場合には、以下のように表示されます。

  • スタンダード口座=「USDJPY」
  • ゼロ(ZERO)口座=「USDJPY.」
画像例
スタンダード口座の場合

XM_デモ口座よくある質問2

ゼロ(ZERO)口座の場合

XM_デモ口座よくある質問3

インジケーターやEAは利用できる?

XMデモ口座はリアル口座と同様に、EAやカスタムインジケーターの利用ができます。

デフォルトで搭載されているインジケーターの利用はもちろん、EAやインジケーターを追加する事も可能です。

また、メタエディターを使ってEAを作成する事も可能ですし、ヒストリカルデータを使用したバックテストも行えます。

MT4/MT5の表示時間がズレている

XMのMT4/5はGMT+2で設定されており、日本時間とは7時間の時差があります。
(サマータイム中はGMT+3、日本との時差は6時間です)

日本時間での計算方法

サマータイム期間中:MT4/MT5の表示時間に6時間を足せば日本時間になります。
サマータイム期間外:MT4/MT5の表示時間に7時間を足せば日本時間になります。

サマータイムのお知らせはどこで知る?

夏時間と冬時間の切り替え時期が近づくと、お知らせページに案内が表示されます。

お知らせページには、仕様変更や取引時間の変更など、

重要なお知らせが掲載されているため、普段から目を通しておくと良いかと思われます。

XMTrading公式お知らせ

※別ウインドウで開きます。

デモ口座はいくつまで開設できますか?

XMでは、1つのメールアドレスに対して5つまでのデモ口座を保有する事ができます。

5つ以上のデモ口座を開設したい場合は、別のメールアドレスを登録することで、更にデモ口座を増やす事ができます。

デモ口座に資金追加・入金は可能ですか?

デモ口座の残高がなくなって取引できない場合は、サポートに連絡すればデモ口座へ投資金を追加できます。

以下は、サポートに連絡する際の例文となっているので、メール作成の参考にしてください。

資金追加依頼の記入例
宛先 support@xmtrading.com
件名 資金追加の依頼
内容 MT4/MT5デモ口座番号:MT4 or MT5 自分の口座番号
登録メールアドレス:登録したメールアドレスを入力
上記XMデモ口座へ、仮想資金を20万円の追加をお願いします。

「サポートに連絡するのが面倒」という場合は、新たにデモ口座を追加開設することで、残高をリセットさせる方法もあります。

サポートからの返信を待つ必要が無いので、新たにデモ口座を開設する方が手っ取り早いかもしれません。

デモ口座のレバレッジ変更は可能ですか?

デモ口座のレバレッジを変更したい場合は、XMのサポートに連絡する必要があります。

以下の例文を参考にして、レバレッジ変更依頼を送信して下さい。

レバレッジ変更依頼の記入例
宛先 support@xmtrading.com
件名 レバレッジ変更の依頼
内容 MT4/MT5デモ口座番号:MT4 or MT5 自分の口座番号
登録メールアドレス:登録したメールアドレスを入力
上記デモ口座のレバレッジを、888倍から200倍へ変更をお願いします。

レバレッジの変更も新しいデモ口座の開設でも対応できるので、「サポートに連絡するのが面倒」という方はこちらも検討してみて下さい。

XMTradingデモ口座まとめ|MT4/5の使い方を学ぶには?

デモ口座はEAのバックテストや手法の検証にも使えるため、FX上級者でも利用している方は多いです。

FX初心者の方はMT4やMT5の操作方法の確認に使う事が多いかと思いますが、

MT4/5は見た目が上級者向けっぽいので、最初は「デモ口座でも触るのが怖い…」と感じる方も多いかと思います。

そんな恐怖心を取り除き、使い方をより感覚的に捉えるには、まず誰かがMT4を使っているところを見てみるのが一番効果的です。

XM公式サイトではMT4の基本的な使い方を解説した動画が公開されているので、まずはそちらでMT4を動かしている所を確認しましょう。

動画はXM公式サイト「MT4チュートリアル」にまとめられています。

XM公式サイトMT4チュートリアルは、下のボタンからアクセス可能です。

※別ウィンドウで開きます。

上記の動画では、インストールや注文などの基本操作から、EAやシグナルの導入方法など、様々な機能を実際のMT4画面で実践しています。

あとは動画で操作方法を観ながら、MT4をドンドン触ってみて下さい。

仮想マネーを使うXMデモ口座なら、失敗してもいくらでも取返しがつきます。

女性FXトレーダー

FXは練習あるのみ!これは上級者になっても変わりませんよね。
今回の記事が、あなたの成長へのお手伝いが出来ていたら幸いです。

XMTRADING 関連記事