XMTRADINGリベートキャッシュバック口座開設

最高リベート率保証・取引翌日に出金可能・CB出金手数料「無料」
自社内プライムブローカー、大半の注文をマリー可能な顧客数、全ての注文がカバーされ、スリッページは最小に抑えられます。是非XMTRADINGでトータルコストを比較ください。
This website is operated by kaigai fx fanclub
リベート率が他社より低い場合は引き上げます。

XMTRADINGリベート率

通常口座
マイクロ/スタンダード/エグゼクティブ
リベート率:8.0USD/lot
ZERO口座
ECNマーケット決済
リベート率:4.0USD/lot
オートリベート通常口座
マイクロ/スタンダード/エグゼクティブ
リベート率:9.0USD/lot
オートリベートZERO口座
ECNマーケット決済
リベート率:4.5USD/lot

キャッシュバック口座作成手順

  1. 指定リンクよりXMTRADING口座を開設
  2. クライアントポータルへ口座番号を登録
  3. お取引される度、キャッシュバックが発生

口座開設-指定リンク-

リベート率引き上げについて

弊社リベート率が、他社IBより低い場合には、リベート率を引き上げさせていただきます。リベート率引き上げを希望される方は、下記フォームより比較対象サイト等をご連絡いただければ、すぐに対応させいただきます。
リベート率引き上げフォーム

オートリベートの設定方法

オートリベート口座を設定する方法は、当サイトにご登録の口座をオートリベート口座へ移行する方法と、オートリベートの追加口座/新規口座を作成する方法の2通りがございます。詳細は下記ページでご確認ください。
オートリベート設定方法

ご利用方法について

会員登録しログインすることで、直観的にご利用可能となっておりますが、キャッシュバック口座登録方法・キャッシュバック出金方法・各社キャッシュバックデータアップロード時期など、詳細については下記ページよりご確認ください。
ナレッジベース

入金ボーナスについて

キャッシュバック口座は、XMロイヤリティプログラム、FXアリーナ、その他コンテスト賞金などのボーナスは受領可能ですが、入金ボーナスは受領不可となります。

備考・規約

  • キャッシュバックは10通貨単位のお取引から発生しポータルへ計上されていきます。
  • 海外FXふぁんくらぶは、スプレッドを広げるマークアップなどは行っていません。
  • XMTRADINGの規約により、リベートキャッシュバック口座へは入金/ウエルカムボーナスが付与されません。
  • 新規建てから5分以内に決済されたポジションは、リベートキャッシュバックの対象外となります。
  • 証拠金にボーナスを利用したポジションは、ボーナス利用割合に応じて、リベートキャッシュバックが減額となります。
  • 証拠金は現金から先に使用されていき、現金が足りなくなり次第、ボーナス(クレジット)が使用されます。
  • ボーナス口座はリベートキャッシュバックの対象外となります。
  • 入金履歴のない口座は、リベートキャッシュバックの対象外となります。
  • ロスカットされたお取引きでも、リベートキャッシュバックは発生します。
  • 全ての入金方法において手数料が発生した場合XMTRADINGが全額負担します。(同一振込人名義の場合に限ります)
  • 裁定取引目的にイスラム口座利用された場合、口座凍結対象となりますのでご注意ください。
  • CFD、貴金属、仮想通貨などのリベートに関しては、XMTRADING CFD銘柄リベート率XMTRADING CFD銘柄必要証拠金をご確認ください。
  • ZERO口座の手数料は1万USD往復取引につき1USDとなります。1万通貨往復取引につき1USDではございません。
  • ZERO口座の詳細スペックはZERO口座スプレッド/スペックレポートでご確認ください。
  • 日本居住者及び日本国登記の法人は、法人口座を開設できません。
  • 2015年11月26日以降に新規で口座開設された方はXMカードをご利用頂けません。
  • 日本以外のアジア圏にお住まいの方は「XM Global」のリベート率が適用されます。

XMTRADINGカスタマーサポート

ライブチャット

Eメール

電話

コールバック

コールバックは、ライブチャットかEメールより、電話番号、希望時間を明記の上リクエスト下さい。

XMTRADING基本スペック早見表

会社 会社名Tradexfin Limited 拠点:セーシェル
ライセンス 公式サイト>セーシェルライセンス
ライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)によって規制
信託保全等 外部監査ありの分別保管(信託保全)
XMはコンプライアスが厳しく、常時法律並びに規制に沿って、顧客資金の安全な管理が徹底されています。
日本語サポート 公式サイト>サポートページ
追加証拠金 追加証拠金無し(入金額以上の損失は発生しません)
入金ボーナス 公式サイト>プロモーション
入金方法 クレジット、デビット、銀行送金、bitwallet、STICPAY
公式サイト>入金方法
出金方法 クレジット、デビット、銀行送金、bitwallet、STICPAY
公式サイト>出金方法
取引サーバ位置 ロンドン
最適VPS エクイニクスLD4(Beeks Financial Cloud

XMTRADING口座タイプ別スペック

マイクロ口座

取引ソフト MT4,MT5(mac,iPhone,android,iPad,WebTraderに対応)
スプレッド XMTRADINGスプレッドレポート
約定方式 インスタント決済
取引手数料 なし
取引商品 通貨FX、CFD(株式指数、エネルギー、貴金属、仮想通貨)
円建て口座 あり
レバレッジ
  • 口座資金2万ドル以下:888倍
  • 口座資金2万ドル以上:200倍
  • 口座資金10万ドル以上:100倍
最少入金額 5ドル
最少取引ロット
  • MT4:10通貨
  • MT5:100通貨
最大取引ロット 10万通貨
保有可能ポジション数 200ポジション(予約注文含む)
両建て 両建て可能
マージンコール 50%
ロスカット 20%
イスラム口座 イスラム教徒を証明する書類があれば、スワップフリーのイスラム口座を開設可能
MT4最低指値幅 現在価格から4.0Pips(ドル円)

スタンダード口座

取引ソフト MT4,MT5(mac,iPhone,android,iPad,WebTraderに対応)
スプレッド XMTRADINGスプレッドレポート
約定方式 インスタント決済
取引手数料 なし
取引商品 通貨FX、CFD(株式指数、エネルギー、貴金属、仮想通貨)
円建て口座 あり
レバレッジ
  • 口座資金2万ドル以下:888倍
  • 口座資金2万ドル以上:200倍
  • 口座資金10万ドル以上:100倍
最少入金額 5ドル
最少取引ロット
  • MT4:1000通貨
  • MT5:1000通貨
最大取引ロット 500万通貨
保有可能ポジション数 200ポジション(予約注文含む)
両建て 両建て可能
マージンコール 50%
ロスカット 20%
イスラム口座 イスラム教徒を証明する書類があれば、スワップフリーのイスラム口座を開設可能
MT4最低指値幅 現在価格から4.0Pips(ドル円)

ゼロ口座

ZERO口座の詳細は、ゼロ口座・通常口座の比較でご確認ください。
取引ソフト MT4,MT5(mac,iPhone,android,iPad,WebTraderに対応)
スプレッド XMTRADINGゼロ口座スプレッド
約定方式 ECN・マーケット決済
取引手数料 片道0.5USD / 1万通貨往復取引毎
取引商品 通貨FX、CFD(株式指数、エネルギー、貴金属、仮想通貨)
円建て口座 あり
レバレッジ 500倍
最少入金額 200USD
最少取引ロット 1000通貨
最大取引ロット 500万通貨
保有可能ポジション数 200ポジション(予約注文含む)
両建て 両建て可能
マージンコール 50%
ロスカット 20%
イスラム口座 イスラム教徒を証明する書類があれば、スワップフリーのイスラム口座を開設可能
MT4最低指値幅 現在価格から4.0Pips(ドル円)

IB担当者:XMTRADINGレビュー

はじめに

IBは、アフィリエイトと異なり、広告だけを業務としている訳ではございません。IBの業務は「顧客相談」「サポート」「ブローカー調査」「ファンドマネージャー発掘」など多岐に渡ります。その為、顧客を持つIBが発信する情報には責任が伴っており、アフィリエイトとは根本的に情報の質が異なります。つまり顧客の利益はIBの利益と同義であり、顧客の損失はIBの損失と変わりません。この事を前提にして下記でレビューを書かせていただきます。

XMの成長と国内業者の闇

XMの成長の背景には、日本から大口リテール顧客の大量流入があったと聞いています。理由としては、基本的に国内FX業者はマーケット決済を行っておらず、リクイディティソースへ注文を流していない事から、顧客の損失がFX業者の利益、顧客の利益がFX業者の損失となってしまう為、利益を出すトレーダーは必然的に厄介者扱いとなり、約定拒否、リクオート、スリッページなどの嫌がらせで各社たらい回しにされてしまっていた為です。その為、まともに約定できる業者が見つからないと嘆く大口顧客が、リクオート/約定拒否なしを謳うXMへ大量に流入していったのも必然の流れかと思われます。

ECN決済という綺麗事に騙される

最近流行している小規模ECN業者ですが、実態は外部決済代行会社を利用している弱小ブローカーやホワイトラベルで、これら業者から出される注文は、外部決済代行会社を通り、リクイディティソースまで送られ決済されています。注文を外部へ流すと言ってしまえば聞こえは良いのですが、仕組み的に大きなスリッページを生むECN決済は、IBとして顧客へ推奨できるレベルのものではありません。

Aブック/Bブック

またECN業者は、注文を呑む事は不可能と謳っていますが、そんな事はありません。ちゃんと外部決済代行会社にて顧客をA/Bブックに振り分けて、注文を呑みながらリスク管理を行っています。強い顧客の注文はAブックとしてマーケットで決済し、弱い顧客の注文はBブックとして呑むといった具合です。この場合、バーチャルディーラープラグイン等を使用される可能性はありませんが、外部プライムブローカーを利用している以上、スリッページは覚悟しなくてはいけませんし、注文を呑んでいる以上、出金拒否リスクや突然の倒産リスクは伴います。

ZERO口座vsECN業者

小規模ECN業者が外部へ決済を委託しているのに対し、XMでは自身がプライムブローカーとしての機能を有している為、リクイディティソース直通で決済を行う事が可能です。また圧倒的な顧客数を有している事から、大部分の注文を自社内でマリー(相殺決済)可能となっており、ホスティングがロンドンにある事を加味しても、その圧倒的な約定力はECN業者など足元にも及びません。トレーダーにとってスリッページを受けず決済できる事がどれほど有利な事かは、ジェシーリバモアの自伝でも明らかなのではないでしょうか。

情報のミスリードについて

ネット上では、インスタント決済=OTC業者という情報がミスリードされているように感じています。インスタント決済とは、FX会社側が注文を一時的にカバーしてからリクイディティソースで決済する為、基本的に約定力と資本力に優れたメジャーブローカーしか導入不可能な仕組みとなっており、スリッページがほとんど発生しない事が特徴となっています。特にボラティリティの高い相場で順張りで張られる方などに大きな需要があり、世界的にも人気の高い口座タイプなのですが・・・、ネット上で「XMTRADINGは呑み業者で、VDP乱用のBブックです」などと理解不能な中傷が書かれているのを見ると残念な気持ちになってしまいます。

IB担当者:質疑応答

どのFX業者が人気ですか?

どの口座が最も取引コストが少なく、サポートや入出金スキームがしっかりしていて使い勝手が良いかという事でございましたら、弊社ではXMTRADINGをお勧めさせていただいております。

もちろん「どうしても世界最狭スプレッドじゃないと納得できない」「誰よりも狭いスプレッドじゃないとトレードに勝てない」という方にはお勧めしてはおりませんが、クライアント様の利用率、取引継続率において、XMTRADINGは他社を圧倒しています。

特に国内業者、AXIORY、TitanFX、Tradeviewなどでスリッページに悩まれていた方からの評判が良く、コスト的に見ても「トレード手法の実現性の高い業者」となっている事が、クライアント様の取引継続率の高さに繋がっているのではないかと分析しています。

ちなみに弊社の業者別お取引lot数の割合は、8割をXMTRADINGが占めている状態となっております。これはユーザー数よりもクライアント様のお取引量による処が大きく、比較的大玉でお取引される方は、XMTRADINGやFxProのインスタント決済口座、ZERO口座をご利用される傾向があるというデータとなっております。

ただセーシェルライセンスでは信託保全が義務化されている訳ではないので、監査会社を入れず資金の不正な使い込みがあった場合に、保険が適用されるのかは疑問が残ります。

XMからの出金が遅れています

セーシェルライセンスへ移行してから1年半経過しましたが、電信送金による出金遅延が2件報告されています。2件とも無事に国内銀行へ着金しましたが、出金処理完了から着金までに8営業日近くかかってしまいました。

上記事例では、銀行側で出金処理ミスが発生していたと報告を受けていますが、いずれも顧客側からXMTRADINGへ問い合わせる必要がありました。

ですので、出金処理完了通知から起算して5営業日以内に銀行へ着金しない場合は、即XMTRADINGサポートまで連絡を入れるようにしてください。もちろん弊社へご一報いただければ、弊社の方からもXMTRADINGへ問い合わせを行わせていただきます。

レバレッジが高いと危険ですよね?

個人的には、レバレッジは高ければ高いほど、リスクも低く、利回りも良くなると考えています。

XMTRADINGなどの海外FX業者では、追加証拠金を請求しない会社がほとんどです。海外FX業者を利用するようになってから、スウィングの窓開けなどで大きく引かされる事が無くなり、年間トータルで獲得pipsは上昇したという方は相当数おみえです。

また少ない証拠金でトレード可能という事は、余剰資金をソーシャルレンディングやETFなど別のアセットクラスへ振り分ける事が可能となり、より資産を増やしやすくなるのではないでしょうか。

海外FXで節税できますか?

海外FX業者を利用した取引の利益は総合課税となりますので、確定申告時に他事業の損失と合算する事で、節税は可能かと思われます。

ただ海外FX業者を利用する税金面でのメリットは、日本国非居住者になってしまう事だと思われます。例えばマレーシアの場合、外国人がマレーシア外で得た源泉所得、キャピタルゲインに税金がかからない為、セーシェルのXMTRADINGを利用し、シンガポールや香港などへ出金してしまえば、日本へもマレーシアへも税金を支払う必要がなくなります。

日本国非居住者になるという事は、日本国外に半年以上滞在しなければいけない為、ハードルは高いかもしれませんが、税金面でのメリットを考えれば悪い話でもないように思われます。

リベートプログラム対応FX会社一覧

毎日キャッシュバック出金可能・出金手数料「無料」・最高リベート率保証