情報操作を目的とする誹謗中傷に対しての法的対応

昨年よりネット上に出回っている「海外FXふぁんくらぶ」への誹謗中傷についてお問い合わせをいただいております、「海外FXふぁんくらぶ」をご利用の皆様や関係者の方々に大変なご心配をお掛けしております事について、非常に遺憾であり、申し訳なく存じます。誹謗中傷の内容について、ほぼ全てが事実に反している上、読み手に悪印象を抱かせるような書かれ方がされており、風評の発生元が特定できました場合には、しかるべき対応を検討してまいります。

現在、複数のサイトに渡り行われている「海外FXふぁんくらぶ」への誹謗中傷は「犯罪行為」です。

  • 刑法230条:名誉棄損罪
  • 刑法231条:侮辱罪
  • 刑法233条:信用毀損罪

情報操作されている内容について

今回、具体的にどのような誹謗中傷を受けているかについても、この場を借りて説明させていただきます。

引用4.海外FXふぁんくらぶ
ヤクザが運営を行なっているキャッシュバックIBです。(ヤクザの運営実態である詳細は「海外FXふぁんくらぶ 評判」などでGoogleなどで検索すれば出てきます)集客は主にステルスマーケティングがメインです。

もちろん私たちはヤクザではありませんし、反社会勢力でもありません。日々、リベートの計算や支払い、サポートなどの業務を行っています。「海外FXふぁんくらぶ」は、これまで5年 運営を行ってきましたが、その間、警察沙汰や裁判沙汰になったこともありません。

賢明な方なら、このような情報操作には騙されないと思い、今まで放置してきましたが、今回の機会にこれらのサイトで紹介されている間違いを一部引用し、訂正させていただきます。

サービス開始時期について

引用海外FXふぁんくらぶは2015年ごろからサービスを始めたようです。

訂正「海外FXふぁんくらぶ」は、2013年12月からスタートし、キャッシュバックサービス開始は2014年6月になります。

サービス開始当初の事務所について

引用名古屋のレンタルオフィス(バーチャルオフィス?)の住所でサービス開始

訂正名古屋市千種区のルオ千種駅前ビルというテナントで営業開始しました。
レンタルオフィスやバーチャルオフィスではありません。

台湾へ移転当初の事務所について

引用台湾の台南市東和路169という住所に移動
住所をググれば出てきますが「成大學苑No.2」という学生寮のようです。

訂正2014年12月 関東財務局から、日本で営業してはいけないと警告を受けたため、台湾へ移動しました。

台湾では、中国語を話せるようになるまでは賃貸契約が難しく、学生という年齢ではありませんが、一時的に成功大学の学生寮を事務所としていたことがあります。

風俗関係と言われている住所について

引用風俗関係?と言われる住所に移動
海外FXふぁんくらぶの中国語ページの一番下の住所が「台南市中西區民權路3段201號2F」となっていますが同じ住所でキャバクラらしきお店で求人を行なっていました。
googleストリートビューでも見てみましたがビルというよりも一軒家という感じでしたので一階と二階が別々という感じはありませんでした。
またキャバクラのお店での求人者名と金融庁が指定している海外FXふぁんくらぶの運営業者名を確認してみると同一者であることが確認できました。
このお店については2chで調べたところ「危ない海外板」という板が引っかかりみてみたところ、風俗の斡旋を行なっていたり未成年を働かせたりしているとのこと。

訂正学生寮から移転先の事務所は、確かに1Fがスナックになっていましたが、2Fは貸事務所でした。

もちろん、1Fのスナックは、別の方の名義で登記されている会社で、同じ日本人として現在も深い親睦はありますが、海外FXふぁんくらぶが経営している訳ではございません。

また、スナックを経営されている方の名誉のために書いておきますが、台湾では未成年がスナックで働くことは違法となっているため、こちらのお店で未成年が働いているという事実もありません。

事務所の住所について

引用富朗飯店という台湾のホテルの住所に移動
現在記載されている住所(No. 50, Chenggong Road, North DistrictTainan City, Taiwan 704)をgoogle mapsで調べたところただのホテルのようです。

訂正「海外FXふぁんくらぶ」の事務所が、ホテルの一室のように書かれていますが、富朗飯店というホテルの住所は「No.114」で、私たちの事務所の住所は「No.50」になります。

旧サイトマップについて

引用現在はサイトもリニューアルされ消えているようですが「海外FXキャッシュバックサイトは危険!?」(https://matome.naver.jp/odai/2141498892886144901)というnaverまとめにも掲載されているように「写メ日記」や「女の子の紹介」、「女の子募集」、「姫の今日の一枚」、「本日の出勤」といった風俗関係者であることがわかるサイトマップが表示されていました。
台湾でキャバクラ経営を行なっていることを踏まえてもおそらくヤクザ関連だと思われます。

訂正1Fのスナックの経営者の方とは同じ日本人として深い親睦があります、インターネット関係のお手伝いをする事もありますが、かなり短い期間の間によくこんな物がとれたものだと感心させられます。

関東財務局からの警告について

引用海外FXふぁんくらぶは関東財務局(金融庁管轄)からも警告を受けています。
http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp032000393.html
海外FXのキャッシュバックサイトは滅多なことでは警告を受けることはありませんが、消費者から多く苦情が出た際には掲載されることもあるようです。
関東財務局の警告先リストの中には「****」や「****」、「****」なども含まれていましたがこれらのキャッシュバックサイトと比較してもかなりマイナーな「海外FXふぁんくらぶ」が含まれたのは消費者からの苦情がかなり多かったためではないかと言われています。
メジャーなキャッシュバックサイトなら警告されるのもわかるけど…
2ちゃんねるでは出金できないといった書き込みが多少なりともあったので「金額によっては払い渋るのかな?」という印象です。

訂正これは、関東財務局へ確認しましたが、この警告リストには、基本的に全ての海外証券会社および、その関連会社を掲載しているということでした。

消費者から苦情が寄せられた会社をピックアップして掲載しているといったものではございません。

それ以前に、当サイトには、サービス開始当初から、実態のある住所と電話番号が掲載されており、もし私たちが、詐欺的な運営を行っているのであれば、とっくの昔に事件になっているのではないかと思われます。

マネーロンダリングについて

引用私の結論としては「どこでもいいと思うけど海外FXふぁんくらぶだけはないんじゃない?」という結論です。

海外FXのアフィリエイトは無法地帯になっていますがこの中でもネガキャンやステマに関しては「海外FXふぁんくらぶ」と「****」の独壇場です。
他のアフィリエイトをひたすら叩き自分のところのアフィリエイトをべた褒めというテンプレートのようなステマが特徴です。
(ぶっちゃけ上記2サイトを使ってる人は真面目にさっさと他に移った方がいいです)

海外FXふぁんくらぶに関しては風俗関係者(おそらくヤクザ)の運営ということもありいつ口座が凍結されてもおかしくないですし、キャッシュバックを挟んでマネーロンダリングに巻き込まれ利用者の口座も凍結という可能性も十分にあります。
(反社会的勢力であることが銀行側に把握されると即時口座凍結です)

最近は書いている内容も****をコピーしているようなので****などと同様に「怪しい」としか言えませんね。
まともに使いたければ****、****、****の3サイトの中から選べばいいと思います。
(とにかくリベート率がいいところがいいなら****、対応業者が多いところがいいなら****がオススメ)
上記3業者は一般トレーダーからの評価も高くtwitterなどで検索してもアフィリエイトページなどに誘導などされずべた褒めされることもしばしばあります。

以上が妙に****を意識している「海外fxふぁんくらぶ」のまとめでした。

※他業者名に関しましては引用の際に伏字にしました。

訂正この方は、海外FXふぁんくらぶの利用者が減ると考えて、これを書いているのでしょうが、これを読んで、「海外FXふぁんくらぶは危険」だと考える人がどれだけいるのかは疑問です。

ただ一点だけ、一般には広まりにくい情報で印象操作を行っている箇所があるので、簡単に解説させていただきます。

上記文中に、マネーロンダリングについて書かれている箇所がありますが、盗難カードなどを利用したマネーロンダリングによる被害を受けるのは、証券会社やキャッシュバックIBの方であり、自身がマネーロンダリングに加担するなどありえませんし、当然、台湾でもマネーロンダリングは厳しく取り締まられています。

サポートについて

引用「ライブチャット対応」や「電話対応」などと書かれておりますが、確認した限りだとライブチャットは基本オフラインなので使い物にならず電話対応のコールバックも非常に遅い(またはメールで返してくる)のでこのライブチャット対応と電話対応はまったくメリットはありません。

訂正ライブチャットは、誰も手が離せず忙しい時には、オフラインにしている時もありますが、「基本オフラインで使い物ならない」ことはないかと思われます。

またコールバックが遅いと書かれていますが、当サイトには、事務所の電話の他に、国内通話料金で通話可能な電話番号も記載しているため、基本的にコールバックというサービスは行っておりません。またコールバックのリクエストに対してメールで返信とは、どのような状況なのかもわかりません。

正直このような方の問い合わせに誠意を尽くして対応していたと考えるとため息しかでません・・
ただ、指摘にあったライブチャットに関して言えば、オフライン時や出られなかった場合の対処が遅れてしまう為、廃止も検討しております。メールでのお問い合わせが一番効率的に対応可能で、私の電話番号も明記しておりますのでお急ぎの方はお電話でも問い合わせ可能です。

ぼやき

最近は自分の書き込みを信頼性のある情報ソースとして紹介するようなネガキャンが流行っているようです。

私が子供のころ、いまから40年近く前ですが、人はもっと堂々としており、やさしかったように思います。
今のようにインターネットもない時代ですから、誰もが人と人との繋がりを大切に生きていたと記憶しています。

人の心を失ってしまえば、人ではなくなる。
そんな当たり前のことでも、見失わないよう心がけたいものです。