MYFXmarkets炎上_舞台裏で実際に起きた事柄

MYFXmarketsがツイッターなどで炎上している。

理由は、MYFXがボーナスのクッション機能を突然停止したためだ。

今回の件で完全に悪者扱いのMYFXだが、実際一番被害を被っているのもMYFXだと言える。

誰も好き好んで、炎上覚悟でボーナス改悪なんてしたくはない。

今回MYFXがクッション機能を停止せざるを得なくなった理由は、ボーナスアービトラージを行う集団から攻撃を受けたことが原因だ。

ただ今回ボーナスアービトラージを行った集団に悪意があったわけではない。

この集団は、ボーナスアービトラージが規約違反になるとは認識していなかったようだ。

つまり今回の炎上は、特定の集団にボーナスの不正利用をけしかけたサイコパスの仕業だということが見えてくる。

少しややこしいが、わかりやすく図にすると以下の通りだ。

MYFX炎上相関図

お分かりいただけただろうか?

今回の件は、たった一人のサイコパスを除いて、全員が被害者ということになる。

つまり、攻撃されるべき対象はMYFXではなく、裏でボーナスアービトラージを煽り、不正なEAを配布したサイコパスであり、被害者が攻撃対象を間違えれば間違えるほど、このサイコパスを安心させてしまう。

なので今後のためにも本記事では、
ボーナスアービトラージの仕組みから、実際に裏で起きている様々な事柄について紹介してくことにする。

記事製作者
坂井田宏樹:Twitter
坂井田

騙し騙されのクソ金融業界、関係者の闇の深さは一級品で、マジでサイコパスやらソシオパスが蠢いていて気持ち悪いことこの上なし。皆さんもそういう連中を見かけたら、片っ端からヤキを入れてやって下さい。

ボーナスアービトラージの仕組み

ボーナスアービトラージとは、両建てを行いボーナスを現金化する取引の総称となっている。

行えば、即時利益取消となるので、覚えておいて損はない。

以下の図は、実際にボーナスアービトラージとなる具体的な取引例を示している。

ボーナスアービトラージの具体例
ボーナスアービトラージの仕組み
ボーナスアービトラージの仕組み
ボーナスアービトラージの仕組み

ボーナスアービトラージの仕組み

ボーナスアービトラージは、どこのFX会社でも発覚次第即時利益取消となる。

同業者内の両建てはもちろん、他社との間で両建てした場合でも、LP側からの警告により一瞬で発覚する仕組みだ。

さらに今回は、名義の違う複数名による両建て行為なども発覚したそうだ。

本当に今回のMYFXのケースでは、様々な方が様々な手法で両建てを行ったことになる。

しかも、自身の行った取引を不正と知り、MYFXへ謝罪される誠意のある方までいたとのこと。

つまり今回の集団不正行為は、特定のグループが確信的に行ったものでないことは確かなようだ。

ただ偶発的に、集団不正行為が起きたとも考えにくい。

MYFXによると、不正を行った顧客の90%がある特定のキャッシュバックIBの顧客だったとのこと。

状況証拠は揃っているが、確証が持てない状況のようだ。

今回の件では、大多数の人間が金銭的にも実害を被っている。

なので確証となる情報をお持ちの方は、ぜひMYFXへ連絡してほしい。

MYFXがクッション機能を停止した理由と背景的状況

今回の件で、MYFXがボーナスのクッション機能停止の措置をとった理由は以下の通り。

  1. 段階1
    ボーナス乱用者が多発

  2. 段階2
    規約違反で利益取消になる者が多数発生

  3. 段階3
    利益取消された者らが、ツイッターなどでMYFXが叩き始める

  4. 段階4
    MYFXは、苦肉の策としてクッション機能を停止

つまりMYFXは、せっかくのキャンペーンを台無しにされた形だ。

厄介なのは、ボーナス乱用者に悪気がないため、利益取消になると憤慨することだ。

利益取消になった者は、腹いせにツイッターでMYFXの悪評を拡散し始める。

つまりMYFX側からすると、キャンペーンを継続すればするほど、悪評が広がる構図となっているわけだ。

こんな理不尽な状況にも関わらずMYFXは誠意ある対応をみせた

はっきり言って、今回の件でMYFXに落ち度はない。

ボーナスの不正利用など、どこの業者でも利益取消になるのは当たり前だ。

にも関わらず、攻撃の矢面に立たされているMYFXを不憫に思う。

なので今回の件で、諸悪の根源はMYFXではないことはお分かりいただきたい。

その証拠にMYFXでは、クッション機能停止の告知が遅れた方へ入金額返金の措置がとられている。

何度も書くが、諸悪の根源は不正を煽ったサイコパスだ。

そいつに後ろから蹴られてるのに、隣のMYFXを殴るようなことは止めた方がいい。

腐ったこの業界に正義はない

顧客を集めたもん勝ちのこの業界、腐った連中ほど幅を利かせている。

他社を貶めることをせず、誠実に運営されている会社は一握り。

意図を持って発信されるツイッターの情報など、出鱈目率90%以上と見ておいて損はない。

特に匿名の情報には注意を払うべきだ。

情報発信元が会社の場合でも、検索エンジンで登記情報を調べてみてほしい。

特に業者の宣伝を行うIBなど、90%以上が偽会社または偽名で運営されている。

提供元が不確実な情報など、場を混乱させるだけのゴミでしかない。

そもそも相場はカネを奪い合う世界。

ネットに真実を公開する奇特なお人好しは、ほんの一握りしか存在していない。

MYFXへの情報提供について

今回のケースは、あまりに理不尽だったため筆を取ったが、この業界、似たようなケースはザラにある。

そして毎回、仕掛けてると目される顔ぶれも同じだ。

ただ今回、MYFXの日本人担当者である柴咲さんは勧善懲悪の正義の人物。

サイコパスは、やったらやり返されることを覚悟した方がいい。

つまり、不正を煽ったサイコパスに関する情報提供は大歓迎というわけだ。

情報をお持ちの方は、ぜひMYFXの問い合わせフォームから連絡を入れてみてほしい。