Curfex(カーフェックス)アイキャッチ

Curfex(カーフェックス)とは、金融庁の認可を受けた格安国際送金サービスで、日本から海外へ「少額手数料で気軽に送金できる」という特徴を持っています。

日本から海外へ「安く」「素早く」送金したい方は、是非ご利用ください。

Curfex

目次から知りたい項目へジャンプできるので、よろしければご活用ください。

Curfex記事制作担当
SYUANYU
SYUANYU

本記事では、Curfexの簡潔な紹介から、実際に利用開始するための会員登録・送金方法までワンストップでご案内しています。

通常の銀行送金とCurfexの手数料を比較

Curfexの送金手数料は「一律1%」となっています。

通常の銀行電信送金と比較すると以下のようになります。

手数料種別 Curfex 銀行電信送金
送金手数料 1% 約四千円(銀行により異なる)
両替手数料 0% 1%以上(通貨により異なる)

両替手数料とは、為替レートの売値と買値の差のことで、通貨や銀行により異なっています。

下の表は、銀行両替手数料の参考値になります。

受取通貨 両替手数料
オーストラリアドル 4.16%
中国人民元 2.92%
香港ドル 4.37%
インドネシアルピア 5.13%
韓国ウォン 3.17%
マレーシアリンギット 5.94%
フィリピンペソ 7.93%
シンガポールドル 2.3%

Curfexの手数料「1%」に対して、銀行の手数料は「4千円+両替手数料」

実際に比較してみると「Curfexの手数料が安さ」が一目でわかりますよね。

SYUANYU

またCurfexを、AXIORYなど証券会社の入金に利用される場合、手数料は証券会社負担となるため無料となります。

送金から着金までにかかる時間

Curfexでは、会員登録から2時間で送金が可能となり、初回送金は無料となっています。

また送金手続きに関しても、すべてオンラインで3分以内に完了します。

送金依頼は24時間いつでも可能となっていますが、実際の送金処理は銀行の営業時間内にのみ行われます。

受取人への着金は最大でも2営業日となっており、

送金ステータス(送金状況)をメールとウェブサイトで確認可能となっています。

YOKI

銀行の場合、窓口で手続きしてから着金までに2週間程度かかることを考えると、Curfexを利用した海外送金は着金までの時間が早いですよね。

SYUANYU

はい、更にオンラインで手続きが完了するので、海外在住の方は、日本から海外への送金が簡単に行えるようになるのも魅力的なのではないでしょうか。

送金可能金額と送金可能国一覧

例外的にAXIORYなど証券会社への入金には限度額は設けられていませんが、一般的な海外の銀行への送金の場合、以下の限度額が設けられているためご注意ください。

日本から送金可能な金額
最小送金額 5万円
最大送金額 100万円
香港から送金可能な金額
最小送金額 2500香港ドル
最大送金額 10万香港ドル
SYUANYU

また以下の綴じ込みに「Curfexで送金可能な国の一覧」を載せておきますので、ご自身が送金したい国があるかどうかチェックしてみてください。

クリックで開きます
タップで開きます
Curfex送金可能国一覧

Curfexで送金可能な国のリスト

アジア圏
  • 日本 (Japan)
  • 中国 (China)
  • タイ (Thailand)
  • インド (India)
  • インドネシア (Indonesia)
  • 香港 (Hong Kong)
  • シンガポール (Singapore)
  • オーストラリア (Australia)
  • ニュージーランド (New Zealand)
  • マレーシア (Malaysia)
  • 韓国 (South Korea)
  • ベトナム (Vietnam)
  • ネパール (Nepal)
北米南米圏
  • アメリカ合衆国 (United States Of America)
  • カナダ (Canada)
  • メキシコ (Mexico)
  • ブラジル(Brazil)
ヨーロッパ圏
  • ユーロ (Euro)
  • スイス (Switzerland)
  • ドイツ(Germany)
  • イギリス (United Kingdom)
  • フランス(France)
  • イタリア(Italy)
  • オーストリア(Austria)
  • スペイン(Spain)
  • オランダ(Netherlands)
  • ポルトガル(Portugal)
  • スウェーデン (Sweden)
  • ノルウェー (Norway)
  • ベルギー(Belgium)
  • ポーランド (Poland)
  • デンマーク (Denmark)
  • アイルランド(Ireland)
  • チェコ共和国 (Czech Republic)
  • ギリシャ(Greece)
  • ブルガリア (Bulgaria)
  • クロアチア (Croatia)
  • エストニア(Estonia)
  • フィンランド(Finland)
  • ハンガリー (Hungary)
  • アイスランド(Iceland)
  • ラトピア(Latvia)
  • リトアニア(Lithuania)
  • ルクセンブルク(Luxemburg)
  • ルーマニア(Romania)
  • サンマリノ(San Marino)
  • スロバキア(Slovakia)
  • スロベニア(Slovenia)

送金したい国が上記にリストされていない場合は、sales@curfex.comへお問い合わせください。

お問合せいただくことで送金可能となるケースもございます。

送金可能な国は現在どんどん拡大しています。

Curfexによる送金に関して、もっと詳しく知りたい方は以下より「公式FAQ」をご覧ください。

※別ウィンドウで開きます。

SYUANYU

Curfexの仕様に関しては以上となります。続いて具体的な「会員登録方法」と「送金方法」について解説を進めていきます。

Curfex会員登録方法

STEP1. Curfex会員登録画面へ

ここからは、Curfexの会員登録方法をご案内していきます。

まずは以下のボタンからCurfex会員登録画面へアクセスしてください。

※別ウィンドウで開きます。

SYUANYU

ここでの手順解説は、PCとスマホどちらにも対応しているので安心して読み進めてください。

Curfex新規登録画面
  • パソコン画面
  • スマホ画面
  • Curfex会員登録初期画面PC版
  • Curfex会員登録初期画面MB版
  • スマホ画面
  • パソコン画面
  • Curfex会員登録初期画面MB版
  • Curfex会員登録初期画面PC版
個人/ビジネス

個人名義の銀行口座から送金する場合は「個人」、法人名義の銀行口座から送金する場合は「ビジネス」を選択してください。ここでは個人名義の会員登録手順を解説していきます。法人名義の会員登録手順はこちらのページをご確認ください。

メールアドレス

AXIORYなど証券会社への入金にも使用する場合は、必ず 証券会社登録のメールアドレスと同一のものをご入力ください。

パスワード

安全性の高いパスワードを設定したい方は、以下のパスワード自動生成ツールをご利用ください。

Curfexパスワード自動生成ツール

以下の「パスワードを自動生成」をクリックタップすると、Curfexのパスワードルールに則ったランダムな文字列が生成されます。生成された文字列をコピペしパスワードとしてご利用下さい。

パスワードを自動生成

ここにパスワードが生成されます。

コピーしました。

コピー

※セキュリティ上の理由から、当サイト側では生成したパスワードの履歴を保存していません。生成したパスワードはメモを取るなどして、ご自身での保管をお願い致します。

送金元

送金元が日本の銀行の場合、必ず「日本」をご選択ください。

リン

ここで決めたパスワードとメールアドレスは、Curfexへのログインに使用します。すべての項目の入力を終えたら、画面下の「新規登録」ボタンを押してください。

STEP2. メールアドレスの認証

メール認証画面
  • パソコン画面
  • スマホ画面
  • Curfex会員登録メール認証コード確認画面PC版
  • Curfex会員登録メール認証コード確認画面MB版
  • スマホ画面
  • パソコン画面
  • Curfex会員登録メール認証コード確認画面MB版
  • Curfex会員登録メール認証コード確認画面PC版

先ほど登録したメールアドレス送られてくる「認証コード」をご入力ください。

hello@curfex.comから、以下のメールが送られてきます。

認証コード(例)
  • パソコン画面
  • スマホ画面
  • Curfexメールアドレス認証メールPC版
  • Curfexメールアドレス認証メールMB版
  • スマホ画面
  • パソコン画面
  • Curfexメールアドレス認証メールMB版
  • Curfexメールアドレス認証メールPC版
メールが届かない場合
  • 迷惑メールボックスをご確認ください。
  • docomoなど携帯のアドレスをご登録された方は「@curfex.com」を受信許可に設定してください。
    (各キャリアの受信許可設定:docomo au softbank)

STEP3. 個人情報の入力

個人情報入力画面
  • パソコン画面
  • スマホ画面
  • Curfex個人情報入力画面PC版
  • Curfex個人情報入力画面1MB版
  • スマホ画面
  • パソコン画面
  • Curfex個人情報入力画面1MB版
  • Curfex個人情報入力画面PC版

画面の案内に従い、個人情報を入力してください。

ここでは特に注意すべき点はありません。入力を終えたら「次に」というボタンを押してください。

STEP4. スマホへの切り替え

ここからの手続きはスマホでの作業になります。PCで手続きを行っている方は、お手持ちのスマホで「画面に表示されているQRコード」を読み取り、手続きをスマホへ引き継いでください。

スマホ切り替えQRコード表示例

Curfex本人確認手続きスマホ切り替え画面

QRコードの読み取り方がわからない場合はこちらをご覧ください。どうしてもQRコードが読み取れない方は、リンクが記載されたメールが届いているので、スマホからリンクを開き手続きを再開してください。

SYUANYU

次の項目からは、スマホカメラを使ったオンラインでの本人確認手続きになります。

STEP5. オンライン認証

5-1. 提出書類の選択

オンライン認証のために提出する本人確認書類を選択してください。

本人確認書類の種類は3種類から選択可能となっています。

提出書類選択画面
  • パソコン画面
  • スマホ画面
  • Curfexオンライン認証提出書類選択画面PC版
  • Curfexオンライン認証提出書類選択画面MB版
  • スマホ画面
  • パソコン画面
  • Curfexオンライン認証提出書類選択画面MB版
  • Curfexオンライン認証提出書類選択画面PC版

参考のため、各提出書類の「撮影する写真の種類」を以下へ記載しておきます。

運転免許証の場合

運転免許証の場合、3種類の写真を撮影します。

パスポートの場合

パスポートの場合、2種類の写真を撮影します。

5-2. 本人確認書類の写真撮影

提出書類の種類を選択したら、画面の案内に従い写真を撮影していきます。

Curfex本人確認写真撮影手順画像

フレームに書類が納まっていることを確認し写真を撮影してください。

画像が明瞭でかつ細部が判別可能であることを確かめます。

問題がなければ画面下部の「次へ」をタップして次に進みます。

撮り直しが必要な場合は、左上の「再撮影」をタップして前の画面に戻ってください。

この時 間違えて「チャットボタン」を押してしまうとやり直しになってしまうためご注意ください。

写真撮影時の注意点
  • 細部までしっかり見える。
  • 光が入ってボヤけていない。
  • フレームからはみ出していない。

5-3. 本人写真(セルフィー)の撮影

書類の撮影が終わったら、次は本人写真の撮影を行います。画面の案内に従い、撮影を進めて下さい。

Curfex本人確認写真撮影手順画像2

フレームに顔が納まっていることを確認し写真を撮影してください。

画像が明瞭でかつ細部が判別可能であることを確かめます。

問題がなければ画面下部の「はい、写真は明瞭です」をタップして次に進みます。

撮り直しが必要な場合は、左上の「再撮影」をタップして前の画面に戻ってください。

写真撮影時の注意点
  • 細部までしっかり見える。
  • 光が入ってボヤけていない。
  • フレームからはみ出していない。

5-4. 最終確認と審査

本人写真の撮影が終わり、最後に以下の画面が表示されれば完了となります。

Curfex本人確認資料提出確認画面

SYUANYU

これで会員登録手続きは完了です。審査には2時間弱かかり、審査が終わるとメールでお知らせが届く仕組みになっています。

Curfex送金方法

STEP1. Curfexログイン画面へ

送金を始めるには、Curfexへログインする必要があります。

まずは以下のボタンからCurfexログイン画面へアクセスしてください。

※別ウィンドウで開きます。

STEP1. 送金額と送金方法の選択

まず初めに、ページ上部にある「送金タブ」を開いてください。

送金タブの位置

Curfex送金タブの位置PC版

送金画面が表示されたら、送金額を入力していきます。

送金額を入力すると受取人の受取金額が表示され、受取額を入力すると送信に必要な金額が表示されます。

送金額入力位置

Curfex送金額の入力位置PC版

次に送金先を選択します。

以下、Curfexで送金可能な送金先一覧になります。

送金先一覧
  • 銀行受取:受取人の銀行口座に送金します。
  • 現金受取:受取センターに資金が届けられ、受取人は受取額を現金で受け取ります。
  • 電子マネー:資金を電子マネー化し、受取人の電子マネー口座に送金します。
  • 通信量チャージ:通信チャージとして資金を送金し、受取人の携帯電話サービスに支払われます。
送金先選択位置

Curfex送金先の選択位置PC版

SYUANYU

送金先を選択したら「送金目的」と「送金原資」も選択して、下部の「送金する」ボタンを押してください。

STEP2. 受取人情報の入力

この画面では、受取人の名前など、受取人情報を入力していきます。

受取人情報を間違えると、取引拒否で返金される可能性もあるため、受取人情報は確実な情報をご入力ください。

受取人情報入力画面

Curfex受取人情報入力画面PC版

また送金先の国によっては、送金人識別のため備考を付け加えることも可能となっています。

SYUANYU

受取人情報を「お気に入り」に登録しておけば、次回の送金が楽になるので是非ご活用ください。

STEP3. 入力内容の確認

以下の画面が表示されたら、入力内容に間違いがないかご確認ください。

変更が必要な場合は画面左上の「戻る」ボタンから前の入力画面へ戻ることができるようになっています。

送金詳細確認画面

Curfex送金時入力内容確認画面PC版

STEP4. 送金額の支払い

続いて以下の画面にて、送金額の支払い方法を選択します。

銀行振込かデビットカードでのお支払い、どちらかを選択してください。

支払い方法選択画面

Curfex送金額支払い画面PC版

注意点

支払いを行う銀行口座名義が、家族やご友人など第三者名義の場合、取引がキャンセルされるためご注意ください。

銀行振込を選択した場合

支払い方法に「銀行振込」を選択すると、以下のように振込先銀行情報が表示されます。

振込先銀行情報

Curfex送金振込先銀行口座情報PC版

銀行振込の際は、必ず振込人欄に送金参照番号をご記入ください。

送金参照番号の入力を忘れると、送金が遅延する可能性があります。

また提示されるミッドマーケットレート(両替レート)の有効期限は24時間となり、資金受け取り期限を過ぎるとレートが保証されないためご注意ください。

デビットカードを選択した場合

支払い方法に「デビットカード」を選択すると、以下のようにカード情報入力画面が表示されます。

カード情報入力画面

Curfex送金カード情報入力画面PC版

日本からの送金では、日本で発行されたデビットカードのみ利用可能となっています。

また銀行振込とは異なり、デビットカードによるお支払いの場合、手数料が発生するためご注意ください。

STEP5. 送金手続き完了

送金額を支払ったら手続きは完了です。

相手先への着金には、最大2営業日かかる場合があります。

Curfexについての解説は以上となりますが、ご不明点などございましたら以下のボタンからお問い合わせください。

※別ウィンドウで開きます。

SYUANYU

また以下、Cerfex以外の電子ウォレットに関する紹介記事になります。よろしければご活用ください。

bitwallet 関連記事

bitwalletが使える海外FX会社の入金ガイド

bitwalletが使える海外FX会社の出金ガイド

STICPAY 関連記事

STICPAYが使える海外FX会社の入金ガイド

STICPAYが使える海外FX会社の出金ガイド